事業内容

事業内容

ロードヒーティング遠隔操作システム「ROCOS」(ロコス)

ロードヒーティングにかかる燃料費でお困りではありませんか?
ROCOS(ロコス)なら燃料費を最大40%~50%節約出来ます。


ロードヒーティング遠隔操作システム「ROCOS」(ロコス)では、専門のオペレータが路面を映像で見ながらこまめにボイラーを遠隔で入⇔切。
ボイラーの適切な運転管理でランニングコストを大幅に削減し、更にはCO削減により地球温暖化問題などの環境対策にもお役立ていただけます。

経費削減


一般的な降雪センサーによる機械運転に頼らず、遠隔操作による手動運転を行うため燃料費を大幅に減らすことが出来ます。

既設ボイラーに取付可


機種を問わず、お客様が現在ご使用中のボイラーに取付可能です。新たなボイラーを用意していただく必要はありません。

24時間監視


冬季シーズン中は、専門オペレータが24時間監視、天候・外気温・日照状況などを考慮し最適なボイラーの運転管理を行います。

エコロジー


ボイラーの稼働時間が減ることにより温室効果ガスであるCOの排出量も低減、環境にやさしくエコロジー活動に貢献出来ます。

二つのプランからお選びいただけます。


ロードヒーティング遠隔操作システムROKOS(ロコス)では、お客様のご予算・用途に合わせて二つのプランをご用意しております。

買取プラン

遠隔装置を買い取りしていただくプランです。

初期導入費の他に毎年の操作代行料・通信料がかかります。
毎年にかかる費用が安く長期ご利用のお客様はこちらがお得。
※機器故障時の修理代は、お客様側の実費負担。

レンタルプラン

遠隔装置を当社より貸出するプランです。

機器買取不要のため初期導入費は工事費のみ。
操作代行料・通信料は毎年のレンタル料の中に含まれています。
※機器故障時は、当社側で無償修理。

お申込みから導入までの流れ

Step.01

サービス内容のご説明

当ホームページ上のお問い合わせフォームまたは電話にて、まずは弊社にお問い合わせください。サービス担当が詳しく内容をご説明いたします。

Step.02

削減予測とお見積りの提示

当社サービス担当が現地を確認、お客様より現在の使用状況(燃料使用量)をお聞きし、削減率の予測とお見積を作成、お客様にご提示いたします。

Step.03

導入の検討

見積内容・削減予測・施工内容等をご確認していただき、全ての提案内容をご了解いただきましたら本契約手続きをさせていただきます。

Step.04

取付工事

現地に路面状態を見るためのネットワークカメラと遠隔制御装置を設置、ボイラーに接続し試運転いたします。

Step.05

運用開始

12月1日より3月31日まで、当社が24時間体制でボイラーを遠隔操作。期間中は電話対応も24時間いたします。

導入を迷われたら、まずはレンタルプランでお試しください!

解約料はいただいておりませんので、1年(1シーズン)だけのお試し利用に便利です。

  • 初回に取付工事費28,000円(税別)が別途かかります。

  • レンタル料はボイラー容量・台数・操作分割数などの条件により代金が変動します。

  • 契約期間は1年契約で、遠隔操作は12/1〜3/31迄の期間となります。